ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

暖かい冬、様々な現象や影響も

2019.02.05 18:50

4日は観測史上で最も暖かい立春となったところもあった山梨県内ですが、5日は気温が下がったものの最低気温は3月上旬から中旬のところが多くなりました。
暖冬傾向と言われていましたが、この暖かさで様々な現象や影響が現れています。
「こちらは河口湖です。早くも梅の花が咲いています」(記者)。
河口湖の湖畔沿いにあるホテルの駐車場です。
枝先などについている花の中にはつぼみのものや満開のもの、中にはすでに咲ききった花もあります。
標高800メートルほどの河口湖では寒さが厳しいため、この場所での梅の花は例年3月中旬ごろに花を咲かせます。
しかし今年は2か月ほど早い先月中旬に花が咲き始めました。
例年より暖かい冬。
ほかにも影響が出ているようです。
北杜市高根町にある天然氷を製造する「八義(やつよし)」です。
夏のカキ氷に使う天然氷を毎年、この時期に作っています。
氷は八ヶ岳南麓の湧き水を池にはって作りますが、例年ですとおよそ2週間かけて厚さ15センチほどの氷が出来上がります。
しかし、今年は様子が違っています。
暖かい日が続いたため、氷の成長が例年よりとても遅く生産量が2割から3割、減っているのです。
また氷が溶け、そこから不純物が混ざると氷を割って、一から作り直さなければならないため、あまり厚みがない状態でも池から引き揚げざるを得ず、生産量の減少につながったそうです。
「我々みたいな仕事に関してはとてもつらい冬だった。自然を相手に仕事をしている以上、そういう時もあるので来年はもう少し寒さが続いてほしい」(八義高橋秀治蔵元)。
気候に左右されるのは観光地も同じです。
こちらは山中湖の湖畔で開催中の雪まつりのイベント、4日からの暖かさで会場では雪が融けてしまいました。
今年は例年以上に雪が少なく、先月26日のイベント開始時には雪が足りませんでしたが、先週木曜日の雪により会場全体が天然の雪でおおわれ関係者は一安心していました。
しかし、4日の山中湖村はこの時期としては異例の最高気温が14.3度と、例年より10度ほど高い春の陽気で会場の雪が溶けてしまい、5日から雪のエリアの使用を制限しています。
祭りの実行委員会では3連休が始まる週末に再びオープンさせるため現在、村内中から雪を集めるなど作業を進めると共に、今後の雪にも期待しています。


25日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース