ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

長引く乾燥、加湿器が爆発的人気

2019.01.30 18:50

空気が乾燥した状態が続く中、今シーズンは加湿器の売り上げが爆発的に伸びています。
「甲府市内の家電量販店の加湿器の棚には、商品がほとんどありません」(記者)。
山梨県甲府市国母にあるケーズデンキです。
こちらではおよそ40種類の加湿器を扱っていますが、今月に入ってから一気に売り上げが伸びました。
特に先週1週間は前の年の同じ時期の1.7倍の売り上げを記録し、特にアロマとしても使用できる小型のサイズが人気を集めているということです。
加湿器の売り上げが急増した要因には、インフルエンザの対策もあります。
「在庫が少なくなっている。乾燥もそうだが、インフルエンザが流行ってきて、室内の湿度を気にするお客様が増えたことが要因だと考える」(ケーズデンキ甲府店倉持大輔さん)。
山梨県内の医療機関の平均患者数は今月14日からの1週間は48.7人で、流行が警報レベルになった前の週の1.3倍に増加しました。
流行はさらに拡大するおそれもあり、専門家は湿度を50%から60%に保つと感染予防に効果があると指摘します。
またケーズデンキは、湿度を高めるとこれから本格化する花粉の飛散を抑える効果もあるため、加湿器の需要はまだまだ続くとみています。


130日(水)