ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

県内就職、短大は56%で最低、大学は27%

2019.01.22 18:50

山梨県では、就職に伴う若者の県外流出が問題となっていますが、今年3月卒業予定の学生の内、県内就職は短大56%と過去最低で、4年生大学も去年より4ポイント低い27%となっていることが報告されました。
これは甲府市で開かれた山梨県の若者の県内就職を目指す産学官の合同会議で、山梨労働局が報告したものです。
それによりますと、今年3月卒業予定者で就職が内定した学生のうち、県内就職は2000年の統計開始以来、短大は初めて60%を割り込み、過去最低の56%になりました。
また、4年制大学も過去5年間は30%以上でしたが、前の年より4ポイント低い27%に落ち込みました。
学生の売り手市場となっている就職活動を背景に、県外流出が拡大した格好です。
会議に出席した県立大学の学生からは県外出身者には、大学1、2年生のうちから企業は学生側との接点を作り、県内就職の良さを知ってもらうことが大切だという意見が出されていました。


122日(火)