ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

笛吹市官製談合、工事落札の会社社長が関与認める

2019.01.09 19:10

山梨県笛吹市が発注した工事の公正な入札を妨げたとして市の課長が逮捕された官製談合事件です。
工事を落札した笛吹市内の会社の社長が、事件への関与を認めていることが捜査関係者への取材で分かりました。
この事件は昨年度、山梨県笛吹市が発注した水道関連工事の入札で公正な入札を妨害したとして、笛吹市の環境推進課長志村一仁容疑者(54)が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたものです。
警察は9日、志村容疑者を送検し本格的な取り調べに入りました。
今回の事件では、志村容疑者から笛吹市内の設備会社の社長に情報が漏れた疑いがあり、捜査関係者によりますと、この会社社長は警察の任意の調べに事件への関与を認めているということです。
会社社長はおととし11月の市の発注工事で、志村容疑者とは別の職員に価格情報を漏らすよう働きかけた罪で先月、罰金の略式命令を受け、市はこの会社を4か月間の競争入札参加資格停止としました。
また警察は9日、市内の複数の業者を家宅捜索して、工事に関する書類やパソコンなどを押収しました。
警察はこうした資料の解析も進め、志村容疑者が価格などの情報を継続的に業者に漏らしていなかったかなど調べを進める方針です。


19日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース