ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

官製談合、容疑で笛吹市の課長を逮捕

2019.01.08 18:50

山梨県笛吹市が昨年度発注した工事の入札をめぐり、公正な入札を妨げた疑いで、笛吹市の54歳の課長が逮捕されました。
市内の会社経営者に価格などの情報を教えた疑いがもたれています。
官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたのは、山梨県笛吹市役所の環境推進課長、志村一仁容疑者(54)です。
警察によりますと志村容疑者は、水道課に所属した昨年度、市発注の水道関連工事の入札を巡り、価格などの情報を市内で会社を経営する男性役員に教えて落札させ、公正な入札を妨害した疑いがもたれています。
笛吹市発注の工事を巡っては先月、事前に価格情報を漏らしたなどとして市の職員2人と業者の男が逮捕され、地方公務員法違反の罪で略式起訴されています。
捜査関係者によりますと、今回の不正はこの捜査の過程で押収した資料や男らの話などから新たに浮上したもので、志村容疑者は落札の下限値となる最低制限価格を業者に漏らしたとみられています。
警察は8日午後3時過ぎ、不正に関わったとされる業者の自宅や会社を家宅捜索しました。
一方、警察は捜査に支障があるとして、志村容疑者の認否について明らかにしていません。
なお、2003年に施行された官製談合防止法の適用は今回が県内で初めてとなります。


18日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース