ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

特急「あずさ」停車せず、ダイヤ改正見直しを要望

2018.12.20 18:50

来年3月のダイヤ改正でJR中央線の特急「あずさ」が、山梨県の峡東地域にある3駅への停車を取りやめることを受けて20日、地元の市長らがJR東日本の本社を訪れ、ダイヤ改正の見直しを要望しました。
JR東日本は来年3月16日のダイヤ改正で中央線の特急「あずさ」は山梨県の峡東地域にある石和温泉、山梨市、塩山の3つの駅への停車を取りやめると発表しています。
この3駅に停車する特急「あずさ」は現在、上下線合わせて1日6本から10本にのぼります。
これを受けて20日、地元の市長や観光関係者らおよそ20人が東京・渋谷区にあるJR東日本の本社を訪れ、ダイヤの改正の見直しを求める要望書を西野史尚副社長に提出しました。
要望書では、観光面や定住人口への影響で地域活性化の可能性を失うとして、3つの駅に停車する「あずさ」の本数の維持や特急「かいじ」の増便を求めています。
「ワインを飲む人は車ではなく列車を使うので困るし、とんでもない話」(甲州市田辺篤市長)。
「峡東3市は自前の金で駅舎を直すなど、すべてのことをやってきているにも関わらず、こういう結果になったのは残念」(笛吹市山下政樹市長)。
要望に対しJR東日本の西野副社長は、速達性を優先しているのでダイヤ改正を理解してほしいと伝えたということです。


1220日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース