ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

入札情報漏えい 価格を他業者に伝えていたか

2018.12.04 18:58

山梨県笛吹市の入札を巡る工事価格の漏えい事件で、逮捕された社長の男が、入手した工事価格をほかの業者にも伝えていた疑いがあることが捜査関係者への取材で分かりました。
この事件は笛吹市発注の公共工事を巡り入札前に工事価格を漏らした疑いで笛吹市役所の職員2人と市内の住宅設備会社社長のあわせて3人が逮捕・送検されたものです。
捜査関係者によりますと社長の浅川順一容疑者とほかの業者とのやりとりが記された通信履歴が押収されたことがわかり、浅川社長が、入手した工事価格をほかの業者にも伝えていた疑いがあるということです。
また昨年度、浅川社長の会社は笛吹市の送水管敷設工事と機械設備工事を落札していますが入札額と最低制限価格が一致していました。
別の工事関係者は価格の一致が複数あるのは不自然と話していて警察でもこうした状況を把握していて工事価格の漏えいが他にもなかったか調べています。
また、逮捕された市職員の大村課長は「見返り目的だった」などと容疑を認めていて警察は、浅川社長から何らかの見返りが渡っていなかったかなど調べを進めています。


124日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース