ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

最年少で世界一、乙黒拓斗選手が知事に報告

2018.11.28 18:50

先月行われたレスリングの世界選手権で、最年少優勝を果たした山梨学院大学の乙黒拓斗選手が山梨県庁を訪れ、大会の結果を報告しました。
28日は乙黒拓斗選手と山梨学院大学レスリング部の高田裕司監督ら、関係者が知事室を訪れました。
乙黒選手は後藤知事に世界選手権の男子フリースタイル65キロ級で優勝したことを報告し、「これからは、東京オリンピックに照準を合わせて練習に励みたい」と話しました。
19歳10か月での優勝は、高田裕司監督が持っていた日本男子の最年少記録を44年ぶりに塗り替える快挙で、後藤知事は「県民に夢と感動を与えてくれてありがとう」とねぎらいました。
「(県民の皆さんへメッセージを)今後とも応援して頂けたらうれしい、皆さんに勇気や感動を与えられるような選手になっていきたい」(乙黒拓斗選手)。


1128日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース