ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

後藤知事、「道半ば」再選出馬表明

2018.10.11 18:50

来年の山梨県知事選に、後藤知事が再選出馬を表明しました。
知事は「道半ば」として、2期目を目指す考えを明らかにしました。
現職の後藤知事は11日記者会見し、来年2月に任期満了を迎える山梨県知事選に、2期目を目指し立候補することを正式に表明しました。
「道半ばと思っている、明るく希望に満ち安心して暮らすことができる山梨、その真なる実現に向け、引き続き山梨県知事として山梨のかじ取りを担う決意であります」(後藤知事)。
会見で後藤知事は、9年後のリニア中央新幹線の開通や中部横断道の開通を見据え、立ち止まって考えている時間はないと述べました。
また117の公約のうち、産前産後の母親を支える体制構築など成果が出ているのが4割、成果が出つつあるのが5割、未達成が1割と自己分析し、引き続き2期目を目指す決意を述べました。
「芽吹きかけた制度、実感できるものにしていくことが私の役割」(同)。
一方で後藤知事は4年前は、公約で定住人口100万人を掲げ、就任後リンケージ人口という独自の概念を出し、実質的な下方修正をしています。
この目標への道筋についてはこのように述べました。
「中長期の課題として山梨県が人口減少し続ける際において、交流や観光を組み合わせながら、経済産業政策をしていくべき、1、2年で対応できるものではないと、ぜひご理解をいただきたい」(同)。
後藤知事は具体的な公約は今後、示すとしています。


1011日(木)