ニュースの星
放 送
月~金曜 夕方6時15分~55分
再放送
月~木曜 深夜0時~25分
金曜   深夜0時15分~40分

富士川水系砂防えん堤の整備要望

2018.07.13 18:50

西日本で起きた豪雨では堤防の決壊や土砂災害が相次ぎましたが、山梨県の富士川水系の市と町でつくる同盟会は13日、県に砂防えん堤の整備などを要望しました。
13日は富士川水系流域の市と町でつくる砂防期成同盟会の会長を務める韮崎市の内藤久夫市長などが県庁を訪れました。
そして、砂防えん堤の整備などを求める要望書を県に手渡しました。
更に13日は西日本を襲った豪雨を受け、富士川でも今回のような大雨の場合、被害の拡大が懸念されるとして、施設整備に必要な予算の確保を求めました。
「西日本の災害を教訓にして施設の充実、住民にできるだけ早く避難してもらうようなハード・ソフト両面で連携しようと話した」(内藤久夫韮崎市長)。
これに対して県も近年、ハード整備だけでは防ぎきれない災害が起きているとし、施設整備と合わせて防災対策を進めていく考えを示しました。


713日(金)