ニュース

ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

男の1人「自分が用意した車で逃走」

2018.06.08 18:50

山梨県甲州市の男性が殺害された事件の続報です。
4人が逮捕された強盗殺人事件は、主犯格とみられる男が逮捕されてから8日で1週間です。
4人の容疑者の1人が「男性を埋めた後、自分が用意した車で逃走した」などと犯行の状況を話していることが捜査関係者への取材で分かりました。
「被害にあった男性は自宅に帰宅した直後襲われたとみられていますが、逮捕された男一人の供述などから事前に役割分担を決めた計画的犯行だった疑いが強まってきています」(記者)。
甲州市の斉藤弥生さん(当時36)が長野県で遺体で見つかった事件では、勤務先から貴金属を奪うため斉藤さんの自宅で暴行して殺害したとして、警察は甲府市出身の武井北斗容疑者(24)ら4人を強盗殺人などの疑いで逮捕・送検しています。
警察によりますと、武井容疑者と横山拓人容疑者(24)は「やっていない」などと容疑を否認し、中村衛容疑者(23)は「斉藤さんの自宅に行っていない」などと容疑の一部を否認しています。
一方若槻和希容疑者(24)は「間違いありません」と、4人の中で唯一容疑を認めているということです。
この若槻容疑者が「南牧村の畑に斉藤さんを埋めた後、自分が用意した軽乗用車で逃走した」などと話していることが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は武井容疑者らが車2台で南牧村に行き、斉藤さんを畑に埋めた後で車を燃やし、もう1台の車で逃走した疑いがあるとみて若槻容疑者の話をもとに裏付けを進めています。
「若槻容疑者の話などから犯行の構図が徐々に浮かび上がってきた一方、逮捕された4人と斉藤さんとの間の接点は未だ確認されておらず、警察は今後なぜ斉藤さんが狙われたのか、重点的に捜査する方針です」(記者)。