ニュース

ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

遭難防止へ、冬山の注意呼びかけ

2017.12.28 18:50

山梨県内の年間の山岳遭難が過去最悪を更新する中、南アルプスの登山口では警察が登山者に冬山の注意を呼びかけました。
この活動は、登山者が増える年末年始の山岳遭難を防ごうと実施しました。
北岳や鳳凰三山につながる夜叉神峠の登山口では、南アルプス警察署の署員が登山者に登山届けの提出や記入を求め、冬山の注意点をまとめたチラシを配りました。
「(冬山は)下が凍っているので滑落が一番多い、一度滑ると大けがや死亡事故にもつながるのでしっかりとした対策をとってほしい」(南アルプス署飯島哲也地域課長)。
今年県内で起きた山岳遭難は過去最悪だった去年より12件多い161件で、過去2番目に多い30人が亡くなっています。
冬の登山道は落ち葉が積もり、石や土のぬかるみなど危険箇所を見落とす恐れもあり、県警はこうした冬山の注意点を引き続き呼びかけます。