ニュース

ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

希望の党、山梨2区に元愛知県議の井桁亮氏

2017.10.03 18:50

衆院選が公示まであと1週間に迫る中、希望の党が一次公認を発表しました。
山梨2区には元愛知県議で、新人の井桁亮(いげたまこと)さんが立候補する予定です。
希望の党との合流で、これまで小林弘幸さんを擁立する方向で準備を進めていた民進党県連には激震が走っています。
井桁さんは愛知県出身の48歳で、愛知県議などを務めた後、去年の参院選では「日本のこころを大切にする党」から愛知選挙区で出馬し、敗れています。
井桁さんは取材に対して「山梨はすばらしい地域なので、選挙区として戦えて光栄、しがらみのない政治を実現していきたい」とコメントしています。
一方、山梨2区の候補決定に衝撃が走ったのは、希望の党と事実上の合流を進めていた民進党です。
民進党県連ではこれまで、山梨2区には新人の小林弘幸さんを候補者として予定し、準備も進めてきました。
しかし、小林さんの公認が厳しいとの情報を受け、きのう深夜まで緊急会議を開きました。
会議では小林さんの動向も含めて、公認の正式発表後に対応していく事を確認しましたが、県連の一部からは「すぐに『はい』とは言えない」といった不満の声も聞かれました。
一方、無所属の長崎幸太郎さんと自民党の堀内詔子さんの公認問題を抱えている自民党では、きょう党本部で選対会議を開きましたが、公認問題は先送りされ、今月6日までに結論を出す方針です。
「なるべく早く結論を出してもらわないと、戦う人にとっては気が気じゃない」(自民党県連皆川巌会長代行)。
公示まであと1週間、山梨2区は「公認」を巡って混迷を深めています。
なお、当初山梨1区に立候補を予定していた小沢鋭仁さんは先月30日に希望の党に入党し、青梅市などを含む東京25区の公認候補となることが正式に発表されました。