ニュース

ニュースの星
放 送
月曜~金曜日 18:15~18:55
再放送
月曜~木曜日 24:00~24:25
金曜日    24:15~24:40

北杜市がJTB関東と協定

2017.09.14 18:50

農業と観光を結びつける新たな取り組みです。
きょう北杜市と旅行会社が、交流人口の増加や耕作放棄地の活用に向けて協定を結びました。
包括連携協定を結んだのは、北杜市と総合旅行会社のJTB関東です。
協定は「食と農」を核として、魅力ある観光地作りや農業の振興による地域活性化に協力するもので、こうした協定はJTBグループとして初めてです。
手始めとしてJTB関東は、社内の福利厚生施設として北杜市大泉町の法人と契約し、畑でトマトやピーマンといった農作物の収穫体験を行うことにしています。
「(社員が)体験することによって、どういう形で農業と観光を結びつけるか、若い人を含めて今まで未経験なので、アイデアが出てくると思う」(JTB関東今枝敦社長)。
JTB関東では将来的にツアーに組み込むなど、旅行商品化を考えています。
一方、北杜市もこの事業が拡大し、耕作放棄地の解消にもつながることに期待を寄せています。
「売る場所があるということで、もう一度畑を復活させようという人もいるだろうし、農業の魅力を感じて従事したいという方も増えていくのではないか」(北杜市渡辺英子市長)。
自治体と企業が連携したこの取り組み、その成果が注目されます。