■サイエンス基金受賞者による「なるほどサイエンス」■

テレビ山梨厚生文化事業団では、サイエンス振興基金として、県内の若手研究者の研究助成を行っています。
ここに紹介する「なるほどサイエンス」は、サイエンス振興基金受賞者に、特に研究テーマには拘らず、読者が“なるほど・読んでためになった”と感じるようなことを書いて頂いたエッセイで、平成10年4月から「山梨新報」新聞紙上に掲載されているものです。
61 県立女子短大
池田 政子
「女らしさ・男らしさ」から「その子らしさ」へ
62 帝京科学大学
栗林 清
「セラミックス電子材料と通信機器」
63 帝京科学大学
内田 恭敬
「孔で集積回路は高速に」
64 県立女子短大
堤 マサエ
「結婚の平均寿命」
65 県工業技術センター
八代 浩二
「材料市場を賑わすマグネシウム」
66 明野村埋蔵文化財センター
佐野 隆
「縄文時代と階層差」
67 帝京科学大学
平井 俊朗
「環境ホルモンについて」
68 山梨大学附属小学校
奥山 賢一
「ネット社会を歩み出した子どもたち」
69 山梨大学
大内 英俊
「空気は重い」
70 山梨大学
吉川 眞理
「人の話の聞き方と聴き方−共感的な理解とは−」
▼第51回〜第60回へ
お問い合わせは
テレビ山梨厚生文化事業団 zaidan@uty.co.jp
戻る