番組

山梨今人(山梨いまじん)

磨き上げたフルートの音色  フルート奏者 伊藤優里(11月13日)

高校に進学した頃からプロになることを決意。
東京藝術大学大学院で演奏技術を磨き、フランスでの音楽留学も経験した。
その演奏技術を武器に多数のコンクールで賞を受賞。
中でも名誉あるコンクールの一つ
第35回日本管打楽器コンクールのフルート部門では第1位に輝いた。
番組では伊藤さんにフルートの魅力や今後の夢などを聞く。

もっと見る

Arbol de Flamenco フラメンコ舞踊家 新田道代(11月6日)

19歳の時に初めて見たフラメンコの迫力や情熱的な踊りに感動した新田は
大学卒業後本場スペインに渡り、フラメンコを学ぶ。
2010年に山梨に移住、甲府市でフラメンコ教室「Arbol de Flamenco」を主宰。
Arbol de Flamencoとはフラメンコの樹という意味で、
山梨に根を張って生き、そして沢山の人が集まる
フラメンコの樹を育てたいという新田の思いが込められている。
現在は、県内のフラメンコイベントにも積極的に参加し、
フラメンコの普及に努めている。

もっと見る

地域と移住者を繋げる架け橋に! 古民家移住の案内人 豊岡翠(10月30日)

古民家に魅了され、古民家の価値を鑑定するだけでなく、
その社会的な認知度の向上も担う
古民家のスペシャリスト、古民家鑑定士の資格を持つ豊岡。
地域住民や移住者から直接話を聞きながら
古民家・空き家を巡るツアーも企画している。
5年前に都内から甲州市へと移住してきた彼女が、
甲州市や田舎暮らし、古民家の魅力を伝えるべく活動する姿を紹介する。

もっと見る

自然の恵みをシェアしたい  北の杜FARM 代表 小嶋香里(10月23日)

愛知県出身で18年間勤めた都内の印刷会社を退職し、北杜市に移住、
県農業大学校で一から学び、農業の道に。
土地探しからのスタートで苦労したが、
今年、野菜ソムリエサミットで見事金賞を受賞した。
転職したきっかけや農業に対する思いなどを聞く。

もっと見る

ハニーな農業の未来を夢みて   養蜂家 梅澤直美(10月16日)

神奈川県出身で、2015年に南アルプス市の「地域おこし協力隊」として移住し、
2018年に養蜂家として独立した。
現在はオリジナルブランド「730HONEY」を開発し、
非加熱・無添加にこだわった身体にやさしいハチミツを生産している。
梅澤さんに、その養蜂の他に移住して感じた地域の魅力について話しを聞く。

もっと見る

特別な一着を  流しの洋裁人 原田陽子(10月9日)

流しの洋裁人として全国各地のイベント会場や百貨店へ赴き、
お客様と顔を合わせながら洋服が出来るまでの工程や
その土地にある生地の魅力を伝えている。
活動を始めて5年、全国各地を回った原田さんは
郡内織物で盛んな富士吉田市を活動の拠点と決め、移住した。
番組では原田さんに活動を始めたきっかけや富士吉田市の魅力を聞く。

もっと見る

地域の魅力を写し出す  写真家 寺田哲史(10月2日)

静岡県出身で、今年3月まで西桂町の地域おこし協力隊として活動し、
町の風景やイベントなどを写真に収め町内外に発信。
美しい自然に愛着を感じるようになり、任期後も町に定住する事を決め、
元機織り工場を改装し、気軽に立ち寄れる
カフェとギャラリーを併設した店をオープンした。
写真を通じ、地域の魅力を発信し続けている寺田さんの活動を紹介する。

もっと見る

医療は “愛”  NPO法人 山梨ホスピス協会理事長  横山 宏(9月25日)

今年5月、健康・医療・医学分野ですばらしい活躍をした80歳以上の現役医師らに
贈られる「山上の光賞」(さんじょうのひかりしょう)を県内で初めて受賞した。
県内でいち早くホスピスや緩和ケアを広め、山梨ホスピス協会設立の礎を築いた。
元県立中央病院医院長で92歳となった今でも県内の医療現場に貢献している。

もっと見る

自分の気持ちを伝えたい  手話通訳士 植田 瞳(9月18日)

植田さんは県内最年少の手話通訳士。
県内の高校を卒業後、都内の専門学校の手話通訳学科に進学。
卒業後も勉強を続け、3回目の挑戦になる昨年10月に試験に合格した。
聴覚障害のある家族に自分の気持ちを伝えたいことから手話通訳士になり、
「若い世代に手話の魅力を伝えていきたい」と話す植田さんを紹介する。

もっと見る

がん医療に当事者の声を  NPO法人がんフォーラム山梨 理事長 若尾 直子(9月11日)

自身も当事者として先頭に立ちながら、
がんに関する情報発信や啓発活動を続けている、
NPO法人がんフォーラム山梨理事長の若尾さんを紹介する。
番組では、
活動のきっかけや、今後の思いなどを若尾さんに聞く。

もっと見る

心と心で向き合う  フォトグラファー 井原純平(9月4日)

若者を中心に人気を集める新進気鋭のフォトグラファー。
90歳になる自分の祖母を写した代表作「GRANDMA」で人気になる。
きっかけは、今もソーシャルワーカーとして勤務する病院で
患者のスナップ写真を撮った事。
病院勤務の傍ら、山梨の街を撮影した「NEW KOFU CITY」を発表するなど、
精力的に活動を続けている。

もっと見る

自然のなかで遊ぶ  プロトレイルランナー 小川壮太(8月28日)

日本では数少ないプロトレイルランナー。
大学まで陸上の選手で、小学校の教諭からプロに転身した。
国内外の大会で活躍する傍ら、
地元甲州市でトレイルランニングレースをプロデュースしている。
開催する意味と山岳スポーツの魅力などを語る。

もっと見る

山中湖が聖地だ!   プロウェイクボード選手 高村泰嘉(8月21日)

小学2年生からウェイクボードを始め、中学1年生でプロ選手になり、
現在トップレベルの実力を有している。
高村さんにウェイクボード選手としての目標を聞くとともに、
マリンスポーツが盛んな山中湖の魅力を聞く。

もっと見る

富士山の麓で日本一の活動を  富士山アウトドアミュージアム 代表 舟津 宏昭(8月14日)

「富士山は全部が博物館!」というコンセプトを掲げ、
子供達と一緒に富士山周辺の保全活動に取り組んでいる舟津さん。
これまで富士山の麓での野外活動や清掃活動などをしながら、
富士山周辺のロードキル(野生動物の交通事故)の調査にも力を入れている。
舟津さんに今後の目標や子供達に向けた想いをきく。

もっと見る

自然の恵み「命」をいただく=ジビエ  明野ジビエ肉処理加工施設施設長 五味力(8月7日)

峡北地域に初めてジビエのジビエ肉処理加工施設を作った。
年間約1万5000頭のうち、5%しかジビエ加工されず、
埋設されてしまうという現状。
命をいただき、それが私達の血となり肉となる。
狩猟やジビエ肉の処理加工を通して
人間本来の食文化のあり方を伝えたいという五味の想いを聞く。

もっと見る

目指せ 夢の舞台  ホッケー選手 高野雄介(7月31日)

昨年、日本代表に選出され、アジア大会に出場。
今年、山梨学院大学を卒業後、県内企業に就職し、
県内を拠点に練習している。
ホッケーの魅力とオリンピック出場にかける思いを伺う。

もっと見る

相手を思いやりながら戦う   駒澤大学空手道部 杉本りさ(7月24日)

上野原市出身で小学4年生から空手を始め、日本航空高校3年生の時には
関東大会、全国大会で全てベスト3以上の成績を収めた。
昨年、東アジア空手道選手権大会で見事優勝を果たし、
現在、全日本空手道連盟の強化選手にも選ばれている。
空手道に対する思いや今後の目標などを聞く。

もっと見る

山梨にやって来る  山中湖村 国際交流員 ボシス・トム(7月17日)

自転車競技ロードレースの元プロ選手でフランス人のボシスさんは、
現在、山中湖村と道志村で開催される
東京2020オリンピック自転車競技ロードレースを盛り上げようと取り組んでいる。
ボシスさんに競技の魅力や地域への波及効果などについて話を聞く。

もっと見る

世界一になるために  自転車トライアル選手 塩崎太夢(7月10日)

自然の地形や人工の構造物で作られたコースを
自転車でいかに足つきや転倒なく走行できるかを競う自転車トライアル。
この競技において全国から注目されている選手が塩崎太夢さん。
今年5月に行われた全日本トライアル選手権で優勝し
これから益々活躍が期待される。
番組では、トライアルの魅力と今後の夢などを聞く。

もっと見る

夢中になれるもの  パラクライミング日本代表 吉田桃子(7月3日)

生まれつき左半身に障害を持つ
パラクライミング日本代表選手吉田桃子。
障害者が取り組むパラクライミングと出会い
2018年のパラクライミング日本選手権で準優勝。
同年のパラクライミング世界選手権では銀メダルを獲得。
今年7月にフランスで行われる世界選手権では自身初の優勝を狙う。

もっと見る

吉田のうどんを全国に  ひばりが丘高校うどん部顧問 大久保 健(6月26日)

吉田のうどんを全国に広めようとホームページの作成やフリーペーパーの発行、
さらに、昨年、麺からつゆまで、すべて生徒が作る直営店を開業させた。
うどん部の取り組みや今後の目標などを聞く。

もっと見る

食卓に幸せを届けたい   フェリチタ研究所 代表 松本千佳(6月19日)

北杜市の有機野菜を使った手作りドレッシングの製造販売をしている。
雑誌などに取り上げられ、インターネットや県内スーパーでの販売が好調。
福島県から移住した松本さんに、
山梨の高原野菜の魅力や山梨で起業を果たした思いなどを聞く。

もっと見る

パンを通してふくらむ想い  OTO.PAIN店主 大戸 洋子(6月12日)

3年前に東京から山梨へ移住し
パンの移動販売を始めた。
こだわりのパンには県内農家さんから直接仕入れた
小麦粉や野菜、果物などを使用し、多くのお客様に、
パンを通して山梨県産の食材の魅力を発信している。
大戸さんに山梨の魅力や今後の目標などを聞く。

もっと見る

あけぼの大豆で町を元気に! 身延町地域おこし協力隊 幡野寛人(6月5日)

あけぼの大豆で町を元気にしようと奮闘する
身延町地域おこし協力隊の幡野寛人。
新たなあけぼの大豆の商品の開発・PRを行っている。
開発したあけぼの大豆×コーヒー×お茶という新しい飲み物、
ソイコティーについてや幡野の今後の目標を聞く。

もっと見る

都市と農村をえがおでつなぐ NPO法人えがおつなげて代表 曽根原久司(5月29日)

農村の課題と都市の課題を同時に解決しようと、
都市と農村をつなぐ事業を全国に広げている曽根原さん。
都会の企業と連携し耕作放棄地を開墾して
農地によみがえらせる事業などを展開している。
農村起業家の育成にも取り組む様子を紹介する。

もっと見る

元気に育って! 山梨市アクティブ・チャイルド・プログラム(A・C・P)クラブ代表 武井正英(5月22日)

子供が楽しみながら積極的に身体を動かせることを目的とする
「アクティブ・チャイルド・プログラム」を取り入れたクラブを、
県内で初めて山梨市で設立。
自宅の敷地を芝生広場にして、遊びを通して
子供たちの体力向上につなげる取り組みを行なっている。

もっと見る