番組

山梨今人(山梨いまじん)

ハンドボールの魅力を伝えたい   ハンドボール女子U-18日本代表選手 日川高校3年 平野宗香(10月17日)

県内強豪チーム日川高校の副キャプテンは、
今年、日本代表の中心選手として活躍した。
平野さんは今、2つの目標を持って大学進学を目指している。

もっと見る

大切な人の毎日に「はれのひ」を  ボランティア団体 はれのひ 代表 横山 綾子(10月10日)

高齢者や障害のある方が安心して楽しく生活を送れるよう、
地域環境づくりに力をいれる横山さん。

ボランティア活動の中で大切にしている事は、
「一緒に楽しむ」ということ。

番組では、横山さんに活動を始めたきっかけや
今後の目標などを聞く。

もっと見る

音楽にのせて  ミュージシャン 藤巻亮太(10月3日)

2000年にバンド「レミオロメン」でデビューし数々のヒット曲を生みだしてきた。
2012年にソロ活動を始めてから6年、その活動のなかで様々なことを学んできたという彼が
今月、活動の新たな一歩として山梨で音楽イベントを主催する。
山梨の魅力を県の内外へ発信したいという彼の熱い思いを紹介。

もっと見る

未来につなぐ、ほんまもんのワイン  チーフワインメーカー 天花寺 弓子(9月26日)

大阪で長年、輸入ワインのインポーターを務め、ワインを作りたいと山梨県に移住。
山梨大学大学院で醸造学を学び、ブドウの生産を開始。
起業を支援する県の事業「Mt.Fujiイノベーションキャンプ」で優勝を果たした。
昨年、念願のワイナリーが完成し、この秋に渾身のワインを初出荷する。

もっと見る

リノベーションで地域活性化   一級建築士 IROHA CRAFT代表 千葉健司(9月19日)

韮崎高校に通学していた20年前から気になっていた韮崎駅前のアメリカヤを、
商店街のシンボルであり人が集まる場所として復活させました。
シャッター通りが目立つ街を見て建築士としての思いを聞きます。

もっと見る

おいでなって山梨へ! 富士の国やまなし観光キャラバン隊長 武田 菱丸(9月12日)

山梨県の魅力をPRする為に県内外を飛びまわり、
広報活動に励んでいる菱丸君。
番組ではまじめにコツコツと広報活動する菱丸君に
山梨の魅力と今後の目標などを聞く。

もっと見る

富士山麓を音楽で彩る  ピアニスト 倍田敏江(9月5日)

音楽には人を励まし、癒し、勇気付ける力がある。
例えばピアノ。
88個の鍵盤が生み出す繊細な音色と豊かな広がりは人の心を揺さぶる。
鍵盤楽器を通じて音楽、そして富士山麓の魅力を多くの人に伝えようと活動する
「ピアニスト倍田敏江」
ピアニストとしてだけでなく、野外でのアコーディオンを使った演奏活動や
富士山をテーマにした音楽の作曲など、倍田の活動を紹介する。

もっと見る

農業は天職  フリーズドライフルーツ生産 高野弘法(8月29日)

農家が提案する加工品ブランドを目指して
山梨の美味しい葡萄と桃を使ったフリーズドライ技術を確立し、
年間供給できる高級スイーツの販売を目指している高野さんの、
これまでの取り組みと今後の目標を紹介する。

もっと見る

人と、街と、アートと  アートプロジェクト団体「歩帆舎」代表 堀切 春水(8月22日)

国内外で活躍する新進気鋭の現代アートの作家を呼び込み、
甲府市を中心に、街中に点在する空き家や空き店舗を活用したり、
飲食店等を展示会場にして、さまざまなアートプロジェクトを企画・展開している。
アートで街を掘り起こしたいと語る堀切さんの思いなどを聞く。

もっと見る

西湖で自然にであう   カヌーガイド 秋元悠佑(8月15日)

西湖を拠点にカヌー・カヤックやネイチャーガイドを行う秋元悠佑さん。
湖と森が織りなす自然豊かな西湖の魅力を発信している。
県外の人が訪れることが多いが、県内の人にも
地元の素晴らしさを再発見してほしいと願う。

もっと見る

365日地域を想う  大神田道成(8月8日)

今年開催された全国各地域の情報や魅力が詰まった広報作品の
内容を競うコンクール(全国広報コンクール)で組み写真部門において
上野原市が最高賞を受賞した。
その取材と編集を担当したのが大神田道成さん。
番組では大神田さんに
これまでの広報誌づくりにおいての苦労や想い、今後の目標などを聞く。

もっと見る

絵本で深まる親子の絆  甘草屋敷子ども図書館『絵本くらぶ』 塚田純子(8月1日)

絵本くらぶでは毎月「ちびっこおはなし会」という絵本の読み聞かせを行い、
多くの親子が交流する場を作っている。
彼女は読み聞かせを通して親子のコミュニケーションも深まると語る。
その活動への思いを聞く。

もっと見る

農業支援器具の発明家  チビゲト秋山製作所 代表 秋山 功(7月25日)

精密金属加工業を営むかたわらで、農作業の軽減にと
「ウデラク」や「コシラク」といった農業支援器具を
ユニークなアイデアで次々と開発し、
県の「やまなしトライアル発注商品等」に認定された。
発明する楽しさや開発する理由などを聞く。

もっと見る

起業で山梨を元気に  起業家 戸田達昭(7月18日)

山梨大学大学院を卒業した戸田さんはバイオベンチャーを設立。
さらに様々なベンチャー企業の役員や起業家を支援する団体の
運営、地域づくりにも参加している。
戸田さんにその取り組みや目標を聞く。

もっと見る

旬の味覚を長く美味しく!   無添加ドライフルーツ生産者 向山香織(7月11日)

味はいいのに、少しの傷や形の悪さで
市場に出回らない規格外の果物。
その果物を無添加ドライフルーツとして作り出し、
多くの人に山梨の果物の味を届けている向山さん。
番組では向山さんに山梨の果物に対する思いや
商品作りのきっかけ、今後の目標などを聞く。

もっと見る

富士山の贈り物   富士河口湖町勝山スズ竹伝統工芸センター長 在原 建男(7月4日)

細かい編み目としなやかな曲線を描く竹細工。
山梨県の郷土伝統工芸品の一つに“富士勝山スズ竹細工”がある。
江戸時代から始まったとされるスズ竹細工の伝承に取り組み
地域の伝統文化を後世へ繋ごうと活動する在原さんを紹介する。

もっと見る

次世代につなぐ  (有)丸一高村本店 代表取締役 高村照己(6月27日)

食肉加工のプロフェッショナル。こだわって作ったハム、ソーセージ、
ベーコンが本場ドイツ国際コンテストで金賞を受賞、世界からも評価された。
自社農場で養豚し、加工、販売もすべて自社で行っている。
事業を息子達につなぎ、経営を安定させた高村さんの食肉への思いなどを聞く。

もっと見る

山のお姫さま  小学生登山家 伴野 嶺(6月20日)

わずか6歳にして山梨百名山を制覇した。
母、直美さんとルールを決め、マナーや心構えを身につけながら
楽しく登山をする伴野嶺さんを紹介する。

もっと見る

私の輝ける場所  型枠施工技能士 佐藤杏美(6月13日)

型枠施工技能士の佐藤さん。
男性の職場というイメージが強い建築の仕事に日頃携わり、
今では職長として現場を任されている。
また、山梨県内の女性として初めてとなる
型枠技能検定にも合格した。
番組では職人に対する思いと、今後の目標などを伺う。

もっと見る

地域の魅力を伝えたい  温泉旅館 若女将 宮本実(6月6日)

都内の短大卒業後、都内のホテルに就職したが、始発や終電で通勤する生活が続き、
心も体も疲弊していった中、山梨に帰ることを決意。
こうした中、岩下温泉の旧館が国の有形文化財に登録され、
地元から受け継いだ温泉を大切に守っていかなくてはとの思いを深め家業を継いだ。
幅広い年代の方に来てもらいたいと、「ふるまい湯」を企画。
多くの人にこの地域に来てもらえるよう取り組んでいる様子を紹介する。

もっと見る

後世へ繋げる米作り  農業生産法人代表 望月茂喜(5月30日)

農業生産法人 望月農業センター代表 望月茂喜さんを紹介。
望月さんは1995年に県内で初めて稲作中心の農業生産法人を立ち上げ、
20代から30代の若手を雇用している。
そこには『後進の育成』をしたいという望月さんの思いがある。

もっと見る

繊細に丁寧に  溶接士 佐藤志保(5月23日)

ジュエリー販売から一転、ものづくりをしたいと職業訓練を受け、
女性としては数少ない溶接士として再就職した。
男性社会の中で、溶接を女性ならではの繊細さ丁寧さで業務に当たる。
職場環境作りにも貢献、さらに女性の社会進出の一助にと
働く女性セミナーの講師も務めている。

もっと見る

農家が主役に  NPO法人理事長 小野 隆(5月16日)

柚子を使ったマーマレードがイギリスで行われた国際品評会で
2年連続金賞を受賞した。
果物の加工品製造販売のほか、体験型のグリーン・ツーリズムを実施する
小野さんに、山梨の果物の美味しさを世界に発信する活動を聞く。

もっと見る

人に寄り添う相談を  こうふコンシェルジュ  成澤 治子(5月9日)

甲府を中心に山梨の魅力を独自の視点から発信し、
移住定住を考えている方の支援サポートを行っている
こうふコンシェルジュの成澤さん。

番組ではコンシェルジュとしての活動を紹介するとともに、
成澤さんだからこそわかる山梨の魅力を聞く。

もっと見る

大空へ掲げる 伝統の技 染物職人 井上展弘(5月2日)

南アルプス市で江戸時代から160年以上続く染め物の技術を未来に継ぐ
井上染物店 七代目 井上展弘。
井上染物店で作られる“武者のぼり”は、“甲州武者のぼり”と呼ばれ、
山梨県の郷土伝統工芸品であり、井上染物店を代表する染物である。
今回は大空へ掲げる160年の伝統を継ぐ若き染物職人の想いを伝える。

もっと見る

世界に飛び出せ!  BMX・MTBプロライダー 栗瀬裕太(4月25日)

13歳でプロの世界へ入り、20代で経験した海外レースで
世界レベルのコース環境が日本にないことを痛感し、
いつか日本人メダリストを出すことを夢見て、自ら重機の免許を取り、
独力で北杜市にバイシクルパークを作った。
BMXレースの魅力や思いを聞く。

もっと見る