番組

山梨今人(山梨いまじん)

コンプレックスをチカラに変えて   動画クリエイター かわにしみき(3月25日)

笛吹市出身で人気女性誌の読者モデルになり、
現在はメイク紹介動画などで
動画投稿サイトのチャンネル登録者数100万人を超え、
今、若い女性に絶大な人気を誇る。
過去に意外な側面があった彼女の人気の秘密や
山梨への想いなどを話してくれた。

もっと見る

きっかけはここから  広報戦略プロデューサー 白井秀典(3月18日)

都留市出身の白井さんは、大学卒業後都内の広告会社に勤務した後、
山梨の魅力を発信する仕事がしたいと帰郷。
広告賞とゲストハウス業を営む。
昨年12月に第48回山梨広告賞で最優秀クリエーター賞を受賞した。
県内を拠点に活動する白井さんに、山梨の魅力のほか、
Uターンや起業の魅力などを聞く。

もっと見る

未来を描く  高校生 森田陽咲(3月11日)

甲府市内の高校でデザインを学び美術の道を目指している森田さん。
2019年に笛吹市石和町にあるホテルの食堂に飾る絵画の制作依頼を受け、
同年9月に、縦1.95m、横3.6mの巨大なアクリル画をお披露目した。
番組では、夢に向かって真っ直ぐ努力する森田さんの様子を取り上げることで、
特に、同世代の若者に前向きな影響を与えることを狙う。

もっと見る

食で育む 一般社団法人 育みの会代表 内藤陽一(3月4日)

子どもの貧困、弧食などの問題を解消するため、
2016年に一般社団法人「育みの会」を設立。
甲府市内でこども食堂「ひがしっこ子ども食堂」を開くほか、
生活困窮者等への食料支援活動を行っている。
他の子ども食堂の支援や県内団体のネットワーク化にも取り組む様子を紹介する。

もっと見る

富士山に魅せられた男  写真家 冨塚 晴夫(2月26日)

70年代から80年代にハリウッドで広告写真を手がけ、
マイケル・ジャクソンをはじめ俳優や
大物ミュージシャンを数多く撮影していた。
17年前に山中湖に移住し写真スタジオを構え、
現在は富士山の撮影に情熱を注いでいる。
富士山の魅力と撮影の難しさなどを聞く。

もっと見る

受け渡したい宝もの マウントフジトレイルクラブ代表 太田安彦(2月19日)

富士吉田市出身の太田さんは、一般社団法人を立ち上げ、
ガイドツアー・安全対策・環境保全の3つを柱にして活動している。
太田さんに富士山や周辺地域の魅力や、
オリンピックに向けた準備力などを聞く。

もっと見る