番組

いいトコ山梨

韮崎市藤井町(1月12日)

韮崎市藤井町にある仲沢商店。
海外では定番となっている量り売りの店だが、
最近、日本でも少しずつ注目され始めている。
その環境に優しいと言われている仕組みとは。

もっと見る

富士吉田市富士見 クラフトビール とホップ栽培(12月22日)

富士北麓の耕作放棄地を活用してホップを栽培し
富士山からの伏流水で作るクラフトビール醸造所を訪れる。
山梨県産の農産物を副原料として使用し
世界のどこにもないビールを目指している。

もっと見る

富士河口湖町・河口湖(12月15日)

今回はワカサギの豊漁が続く河口湖のドーム船に乗船し、
冬の風物詩・ワカサギ釣りの魅力を伝える。

もっと見る

富士吉田市・本町通り(12月8日)

富士山がきれいに見える商店街として、SNSで話題のスポットとなっている
富士吉田の中心部にある本町通り。
老舗家具店や地域活性化のために新たにオープンしたお店を紹介。

もっと見る

山中湖村・石割山(12月1日)

山中湖の北側に位置する石割山。
今回青木アナウンサ-がその8合目にある石割神社を目指す。
403段の長い階段を登りさらに進んだ先にある神社は神秘的な空間が広がり
ご神体となる大きく割れた岩は隙間を通り3回参拝すると
願いが叶うといわれる。

もっと見る

甲府市 昇仙峡ロープウェイ(11月24日)

昨年6月に日本遺産に認定された御嶽 昇仙峡。
その顔ともいえる昇仙峡ロープウェイで
UTY青木アナウンサーが紅葉真っ盛りの中を行く。
行った先には、今まで見たこともない絶景が広がる場所があった。

もっと見る

甲府市 みなみ甲府駅(11月17日)

今回のいいトコ山梨は、JR身延線のみなみ甲府駅を訪ねる。
昭和3年に建設された南甲府駅。
かつては旅客だけでなく、甲府の物流の要衝として数多くの貨物列車が往来していた。
そんな南甲府駅の近くの倉庫の一角には、当時使われていた軌道車が今も残り、
移り変わる甲府の町を見守り続けている。

もっと見る

甲府市 朝日(11月10日)

この地域には、かつて人々の生活の中心となっていた老舗商店街がある。
現在は、新たなお店も増えており、青木アナウンサーが
朝日通り商店街とその周辺のお店を訪れ、魅力を紹介する。

もっと見る

中央市(11月3日)

今回は老舗ニット会社が手掛けるブランドの直営店を訪ね、
見て、着て、食べて、そのブランドの世界観を体験する。

もっと見る

大月市 ももくら農園(10月27日)

大月市の東部に位置する百蔵山。
その南斜面の麓で様々な無農薬農産物や薬草、ハーブなどを育てている
「ももくら農園」では収穫体験やハーブティーなどが楽しめる。
首都圏から近いこともあり、家族連れなどに人気がある。
番組ではUTY 青木アナウンサーが収穫体験にチャレンジする。

もっと見る

都留市(10月20日)

甲斐絹の発祥地といわれる都留市。
かつてはほとんどの人が織物産業に携わっていたというが
今は担い手もおらず、数えるほどだ。
そんななか都留市の織物業界を再び盛り上げようと
まちづくり組織が発足した。

もっと見る

都留市(10月13日)

富士山の伏流水が湧き出ている都留市。
今回は夏狩地区の湧水スポットを訪れる。
また、湧水を利用してお酢を製造している醸造店を訪れ、
こだわりの製法を紹介する。

もっと見る

丹波山村(10月6日)

今回のいいトコ山梨は、丹波山村の山村留学を紹介。
自然溢れる丹波山村には、山村留学と称して全国から多くの子どもが移住してくる。
少人数のクラスで学ぶ事で子ども達一人一人にあった教育の場を提供する丹波山村で育った子ども達は
皆のびのびと育っていく。

もっと見る

市川三郷町(9月29日)

今回は手すき和紙が名産の市川三郷町を訪ねる。
紙と深い関わりのある神社や和紙作り体験などを通して、
手すき和紙の魅力に迫る。

もっと見る

富士川町 道の駅富士川レンタサイクル(9月22日)

中部横断自動車道が山梨と静岡間で全線開通し、観光面でも活性化が
期待される峡南地域。増穂パーキングエリアに隣接する「道の駅富士川」では
周辺の季節ならではの風景を自転車で楽しんでもらおうと、レンタサイクルを
行っている。

もっと見る

早川町奈良田(9月15日)

自然豊かな早川町の最奥に位置する奈良田には
七不思議やおぼこ人形など地域ならではの文化がある。
今回は早川町の魅力が詰まった古民家カフェ鍵屋で
その魅力に迫る。

もっと見る

南アルプス市・オリーブ(9月8日)

南アルプス市には県内では珍しい、オリーブ畑がある。
今回はオリーブ畑を訪れ、オリーブリーフティーをいただく。
また、店頭でオリーブリーフティーを販売している、
地元のパン屋さんにも立ち寄りお話を伺う。

もっと見る

市川三郷町 四尾連湖(9月1日)

今回は、市川三郷町にある四尾連湖を紹介。
ここ数年、人気のキャンプ場として全国的に有名になった四尾連湖では
風が少なく湖面が穏やかなため、今人気の水上アクティビティである
SUPを楽しむ事も出来る。
そんな四尾連湖の魅力を紹介する。

もっと見る

笛吹市 ふえふきマスタード(8月25日)

桃、ぶどう生産量日本一の笛吹市に新たな特産品として
加わった「ふえふきマスタード」。
3年前に地域おこし協力隊がカラシナを栽培から製造、加工までを行う
6次産業化で開始、カラシナにぶどう果汁を加えた希少国産マスタード
として注目されている。

もっと見る

山梨市 西沢渓谷(8月18日)

今回は山梨市の西沢渓谷で森林セラピーを体験。
森の中を歩いて自然の香り、ゆらぎを感じて心も体も癒される。

もっと見る

甲州市勝沼町(8月11日)

言わずと知れたぶどうの産地、甲州市勝沼町。
青木アナウンサーがぶどう農家が営む古民家カフェを訪れ、
畑で収穫したぶどうを使用した料理やぶどうジュースをいただく。

もっと見る

山梨市正徳寺(8月6日)

山梨は桃の生産量全国一を誇る。
山梨市のピーチ専科ヤマシタでは自分たちで育てた桃を使ったジェラートや
桃を皮ごと楽しめるパフェが人気だ。
この美味しい桃は通常よりも手間のかかる方法で丁寧に育てられているが、
社長の山下さんは「手をかけただけ桃はちゃんと応えてくれる」と話す。
今回のいいトコ山梨ではその美味しい桃の秘密に迫る。

もっと見る

北杜市 美し池(7月27日)

今回は北杜市の美し池で山カヤック体験。
インストラクターの指導を受けながら、安心安全なカヤックを
新たな山梨県の魅力として紹介する。

もっと見る

韮崎市一ツ谷(7月21日)

今回は、韮崎市一ツ谷にある屋内スケートボードパーク
『アダマススケートパーク』を紹介する。
ここには幼稚園児から50歳を過ぎたサラリーマンまで数多くの人が訪れ、
年齢や性別、立場何一つ関係なく皆がスケートボードを楽しむ。
子ども達がスケートボードを思いっきり出来る場所を作りたいと3人の若者達が
脱サラをして手作りで作ったスケートボードパークの魅力を紹介する。

もっと見る

北杜市大泉町(7月14日)

八ヶ岳南麓にはたくさんのアトリエや工房が存在する。
今回はその地域の職人さんたちが形成する、「おらんうーたん」
というネットワークを紹介する。
また、青木アナウンサーが木のスプーン作りを体験する。

もっと見る

北杜市明野町 世界最先端の植物工場(7月7日)

(株)村上農園が今年2月新設した「スーパースプラウトファクトリー」は、
ブロッコリー スーパースプラウトを完全人工光で栽培、コントロールルームで
24時間管理する中央制御システムを導入した世界最先端の植物工場だ。
健康志向考の高まりと共に消費量が伸びているスーパースプラウトの魅力と
まるでSF映画の世界のような栽培設備を紹介する。

もっと見る

昭和町・スイートコーン(6月30日)

山梨の新鮮な野菜が並ぶJAの農産物直売所『いーなとうぶ昭和』
ここで青木アナがで見つけたのは『ドルチェドリーム』というスイートコーン。
これは一昨年から県内で作られ始めたばかりの品種。
生産者の畑で採れたてを試食するとドルチェドリームの果汁が滴るほどのジューシーさに感動!
番組ではその魅力をたっぷり紹介します。

もっと見る

甲府市美咲(6月23日)

この町の名前の由来となっている御崎神社には、
かつて文豪 太宰治が執筆の合間によく訪れていた痕跡がある。
そして、近くにはオーダーメイドの靴の制作と修理を専門にする靴工房があり
靴職人の三森勇太さんが履けなくなった「大切な靴」を見事に蘇らせる。

もっと見る

中巨摩郡昭和町(6月16日)

昭和町の杉浦醫院を訪ねる。
地方病と、その終息に向けて尽力した杉浦健造、三郎父子の歴史を学ぶ。

もっと見る

山梨ジュエリーミュージアム(6月9日)

山梨県の宝飾産業の歴史、卓越した技術を発信する山梨ジュエリーミュージアム。
ここでは山梨の宝飾産業の歴史を学べ、
職人さんたちの高度な技術を実際に見ることができる。
今回は、青木アナが宝石を研磨してペンダント作成に挑戦する。

もっと見る

甲斐市宇津谷(6月2日)

今回は、甲斐市宇津谷にある日本航空学園を訪ねる。
航空に関する普及啓蒙活動に力を入れる日本航空学園で、
キャビンアテンダントの職業体験や
ドローンの操縦体験、更には実際に飛行機に搭乗して
空から眺める山梨の景色を伝える。

もっと見る

笛吹市御坂町八千蔵(5月26日)

明治25年甲府で創業し、笛吹市に移転して100余年になる山下染物工場。
4代目の山下隆さんは「引染」という伝統的な染色技法や作業工程を受け継ぎながら
現代的な新しい技法を取り入れて、いろいろな染物に取り組んでいる。
今回は、青木美菜アナウンサーが染物にチャレンジする。

もっと見る

山梨市牧丘町(5月19日)

標高1500メートルを超える山が連なる牧丘町には数多くの自然が残る。
その自然を残すために奮闘するボランティアや、
牧丘の自然に魅せられた主人が始めた、国内外で話題の宿屋を紹介する。

もっと見る

笛吹市境川(5月12日)

藤垈の滝・大窪いやしの森公園は、
夏になると涼を求めて訪れる人の絶えない
知る人ぞ知る名勝となっている。
今回は園内にある藤垈の滝を紹介すると共に
園内各所にある彫刻作品を青木アナが紹介する。

もっと見る

笛吹市石和(5月5日)

昭和36年、ぶどう畑から温泉が湧出し温泉観光地として有名になった石和。
今、武田信玄生誕500年にあわせて『武田二十四将の宿プロジェクト』が開催中だ。
これは市内30以上の宿が参加し、武田信玄を支えた武将をイメージした宿泊プランを提供するもの。
今回は果樹と温泉というイメージの石和の新たな魅力を発見する。

もっと見る

北杜市須玉町津金(4月28日)

須玉町津金地区にある明治、大正、昭和三世代の校舎が横一列に並ぶ「三代校舎」。
旧津金学校の明治校舎は「藤村式建築」と呼ばれる洋風建物の特徴を今に残すもので
県指定文化財となっている。
また、昭和校舎は「食」をテーマにした施設にリニューアルされ、
人気の観光スポットになっている。

もっと見る

北杜市小淵沢町(4月21日)

馬の町として知られる北杜市小淵沢町を訪ねる。
県の馬術競技場を始め、数多くの乗馬クラブがある小淵沢の魅力を紹介。
また青木アナウンサーが乗馬体験もする。

もっと見る

北杜市清里(4月14日)

山梨を代表する観光地清里。
清里には開拓の歴史があり、
開拓者たちの努力によって今の清里がある。
今回はその開拓の歴史を学びながら、
地元の食材を使用したジャムを紹介する。

もっと見る

韮崎市神山町(4月7日)

今回のいいトコ山梨は韮崎市神山町。
満開を迎えたわに塚の桜や、近くにある器屋「日と月」へ。
「日と月」では韮崎市の巨峰農家からもらった剪定枝を釉薬にした器がある。
巨峰の淡く繊細な紫色のでた器はまさにメイドイン韮崎。
そこには作り手の思いが詰まっている。

もっと見る

富士河口湖町 素和美小中学校(3月31日)

今回は、富士河口湖町にあるチャイムも時間割も存在しない
素和美小中学校とマリア国際幼稚園を訪ねる。
国際的な感覚を育てる為に授業はほぼ全て英語で行われ、
授業の内容は子ども達が自ら計画するフィンランド式の学校。
子ども達の自ら学ぶ力を育てる新しい教育の姿を紹介する。

もっと見る

富士河口湖町河口(3月24日)

少しずつ春の息吹を感じる河口湖畔を散策しながら見つけた河口湖クラフトパーク。
様々なクラフト体験が楽しめるスポットとして人気がある。
その中で青木アナはスノードームとステンドグラス作りにチャレンジ!

もっと見る

忍野村内野(忍野スカイスポーツ倶楽部)(3月17日)

真正面に富士山を一望する忍野村内野にハンググライダーを
未経験者から上級者まで楽しめる倶楽部がある。
幼児や高齢者、車椅子を利用している人も楽しめるハンググライダー体験は爽快。
自然豊かな山梨ならではのスカイスポーツの魅力を紹介する。

もっと見る

富士河口湖町大石(3月10日)

湖と富士山の両方を一度に見ることができる
河口湖北岸の大石地区。
雄大な富士を眺めながらの散策や
伝統工芸品である大石紬に触れ、
その魅力を紹介する。

もっと見る

忍野村忍草(3月3日)

忍野八海にみられるように富士の湧水が豊富な忍野村。
ここには築200年を超える旧家を改築した宿がある。
湧水を引いた手作りの庭園を散策し
囲炉裏の前で女将と話を楽しむとどこか懐かしい気持ちになる。
そんな宿の自慢は忍野の美しい湧水で育つ鱒料理。
忍野の恵みを体いっぱいに感じられる。

もっと見る

大月市真木(2月24日)

クラフト作家やアーティストの工房、ギャラリーなどが点在している
大月市真木地区。
今回は30年前から吹きガラスを中心に創作活動を続けている白石ガラス工房で
UTY青木アナが吹きガラス作りに挑戦する!

もっと見る

都留市上谷(2月17日)

富士急行線谷村町駅の近くにある築80年古民家を改装した「宿 ぽっぽや」は、
レトロな駅舎をイメージした玄関や寝台列車車両のような部屋になっていて、
鉄道ファンに人気。
城下町の風情を残すこの地域に移住した家族が経営する宿を紹介する。

もっと見る

小菅村池之尻(2月10日)

道の駅小菅と地元のクラフトビール工場へお邪魔し、
小菅の名産品やこだわりのビールを紹介する。
小菅の自然が生み出した白糸の滝も必見。

もっと見る

大月市花咲(2月3日)

今回は、大月市下花咲を訪ねる。
甲州街道の宿場町、下花咲宿の本陣がほぼ建設当時のまま残る国の重要文化財・星野家住宅。
江戸時代から続く歴史と、古き良き伝統を守るための新たな挑戦とは?

もっと見る

市川三郷町岩間(1月27日)

はんこの里として知られる市川三郷町六郷地区。
その中でも、職人たちによって受け継がれてきた「甲州手彫印章」は
完全な手作業によって生み出される芸術品だ。
今回は、UTY青木アナが手彫印章作りに挑戦する。

もっと見る

富士川町鰍沢 「富士川舟運」(1月20日)

江戸時代から明治期にかけて、
高瀬舟で米や塩をはじめ様々な荷を運んだ富士川舟運。
鉄道が開通する昭和初期まで運行された。
その歴史から商業の街として栄えた鰍沢を紹介する。

もっと見る

南部町万沢地区(1月13日)

南部町万沢地区。
緑豊かな環境で育った南部茶と
山梨百名山の一つ、白鳥山を紹介する。

もっと見る

甲斐市竜王(12月16日)

甲斐市竜王にあるドラゴンパーク近くで栽培する「赤坂とまと」を紹介する。
日当たりの良い場所で溶液栽培によって作られるトマトは、
消費者に安心して食べてもらう工夫を施している。
耕作放棄地の開発や地域おこし協力隊が参加して
農業や地域の活性化にも取り組んでいる生産会社に話を聞く。

もっと見る

昭和町西条〜押越(12月9日)

昭和町には室内に本格的なダートコースがあるマウンテンバイク店や
スケートボード専用のスケートパークを備えるショップなど
街中で手軽に楽しむことができる場所がある。
オリンピック種目にも採用され、若者に人気のスポットを訪れ
青木アナが挑戦する。

もっと見る

甲府市 昇仙峡(12月2日)

県内屈指の観光スポットでもある昇仙峡はこの時期美しく木々が色づいている。
しかし、近年は観光客が減少し、戦後70年近く続いた遊覧馬車「トテ馬車」も2017年に終了した。
そんな昇仙峡をまた盛り上げようとトテ馬車復活を目指す男性の熱い思いを伺った。

もっと見る

甲州市勝沼町ぶどうの丘(11月25日)

甲州市勝沼町ぶどうの丘は45周年を迎え、
新たに90種類の山梨県産ワインが楽しめる
国内最大15台のコイン式ワインサーバーを設置した。
新酒のワインと共に、
甲府盆地の眩い夜景とイルミネーションが織りなす絶景を紹介する。

もっと見る

笛吹市芦川(11月18日)

甲府盆地と富士北麓地区の中間で芦川上流の山里のこの地区は
秋から冬へゆっくりと移ろおうとしている。
懐かしい想いのする施設が点在する芦川地区で
見学できる古民家を管理する老婦人や、
ホテル事業を営む若きオーナーに会い、芦川地区の思いを聞く。

もっと見る

甲州市勝沼町(11月11日)

かつぬま朝市を巡る。
この日は100店舗以上が出店し、
県内の農産物や手ずくりの小物などが会場を彩った。
番組ではかつぬま朝市の
様子や出店者の思いを紹介する。

もっと見る

山梨市三富地区(11月4日)

今回は、山梨市三富地区を訪ねる。
エメラルドグリーンに輝く滝壺と、
落差約21メートルの滝の間近まで近づける大迫力で
ここ数年インスタ映えスポットとして全国的にも人気になった一之釜や、
1300年の歴史を誇り、知る人ぞ知るインタ映えスポットとしても人気を集める
大嶽山那賀都神社を紹介する。

もっと見る

北杜市白州町(10月28日)

江戸時代に甲州街道の宿場町として栄えた白州町 台ヶ原宿。
今でも古い民家や蔵が点在し、情緒あふれる和菓子屋や酒蔵などが並ぶ。
金精軒の建物、地域のめずらしい神社、
県文化財の七賢の北原家住宅などを紹介する。

もっと見る

北杜市武川町(10月21日)

南アルプス甲斐駒ヶ岳の麓に位置する武川町地区は
お米の産地として知られている。
武川産のお米の品質や、風光明美なこの地区の魅力を紹介する。

もっと見る

韮崎市(10月14日)

今回は韮崎市にあるアメリカヤと
アメリカヤ横丁を紹介する。
古き良き昭和の雰囲気が残る
アメリカヤ横丁でお客さんやお店の方達との
出会いを楽しみながら、町の魅力を伝えていく。

もっと見る

北杜市清里(10月7日)

1995年に開館した清里フォトアートミュージアム
世界中の35歳までの写真家から作品を募集した「ヤング・ポートフォリオ展」が開催されていて、
建物のデザインも魅力的で、県外からも多くの人が訪れる
清里の美しい景色と共に、身近に世界的アーティストの作品を楽しめるミュージアムの魅力を紹介する

もっと見る

富士吉田市西裏(9月30日)

かつて織物の隆盛で賑わった富士吉田市西裏地区。
時代の流れと共に訪れる人の数も減ってしまったが、
ここ数年地域の若者が中心となって西裏地区を盛り上げようと機運が高まり
今では、県内だけでなく、県外や海外からも人が訪れ、
西裏地区が再びかつての賑わいを取り戻そうとしている。
そんな西裏地区の新たな魅力を紹介。

もっと見る

山中湖村 山中湖文学の森(9月23日)

山中湖村の地名「朝日丘」や夏の花火大会「報湖祭」の名付け親でもある徳富蘇峰や
三島由紀夫にまつわる資料を収蔵する資料館ほか、山中湖にちなんだ歌碑や句碑が点在する
自然と文学が調和した癒しのスポットを紹介する。

もっと見る

山梨県南都留郡鳴沢村(9月16日)

鳴沢村を散策する。
村を見下ろす紅葉台から富士山まで大自然が広がる鳴沢村はキャベツの生産も多く、
都心や中京圏へ出荷されている。
今出荷の最盛期を迎えているキャベツ畑で収穫体験をしながらその特徴を聞く。

もっと見る

富士河口湖町河口(9月9日)

河口浅間神社を紹介する。
世界文化遺産、富士山の構成遺産の一つ。
歴史や文化が根付いた神社。
今回は、敷地内にある、様々な名所を巡る。

もっと見る

山梨県南都留郡西桂町小沼(9月2日)

旧街道沿いに複数の機屋が連なり、豊かな水を湛える桂川や
水路、美しい湧水池がある。
西桂町の魅力を紹介する。

もっと見る

山梨県北都留郡小菅村 大久保(8月26日)

村内にある築150年以上の古民家を改築し、宿泊施設として昨年オープンした
「NIPPONIA 小菅 源流の村」。
小菅村の自然を生かして、700人の村を一つのホテルに見たてるという
斬新な取り組みだ。
美しい多摩源流の清らかな自然とオシャレな古民家ホテルを訪れる。

もっと見る

山梨県南都留郡道志村(8月19日)

全国1位の収穫量と出荷量を誇る道志村のクレソン。
清らかな道志川に育まれるクレソンは村の道の駅などで
様々な製品になって楽しめる。
緑豊かな自然とクレソンが楽しめる道志村を訪れる。

もっと見る

上野原市野田尻(8月12日)

旧甲州街道宿場町の一つ野田尻宿の歴史に触れながら
向かったのは明治12年創業の上州屋設楽彦吉商店。
麦茶やきな粉などの製造を行なっている。
番組では上野原市野田尻地区周辺の魅力を紹介する。

もっと見る

上野原市八ツ沢(8月5日)

明治に作られた日本最初の大規模調整池式発電所で
現在は国の重要文化財にも指定されている八ツ沢発電所。
桂川の渓流の景色と14キロに及ぶ八ツ沢発電所の重要文化財群を探訪する。

もっと見る

早川町赤沢(7月29日)

早川町赤沢地区にある「赤沢宿」は、中世の頃から
聖地身延山と霊場七面山とを結ぶ参道の宿場として知られてきた
講中宿の家並みと石畳は往時の佇まいを今に残し、
昔の歴史景観を歩いているような風情がある
江戸情緒漂う美しい街並みの魅力を紹介する

もっと見る

富士川町青柳(7月22日)

その昔、富士川舟運で栄えた青柳地区は
静岡、長野へと通じる追分であった。
この街道沿いには当時の面影を醸し出し、
与謝野鉄管・晶子夫妻が滞在した萬屋醸造店がある。
日本酒「春鴬囀(しゅんのうてん」の名前の由来などを聞きながら
この地域の魅力を紹介していく。

もっと見る

来た来た、移動販売(7月15日)

市川三郷町山保地区。標高500m前後に7つの集落があり、
元気で優しい人のふれあいがある。
この地区に移動販売車が巡回している。
高齢者には家の近くで食料品が買うことができてありがたい。
山間に暮らす人たちを支える移動販売の取り組みを紹介する。

もっと見る

富士川町十谷地区を巡る。(7月8日)

富士川町十谷地区を巡る。
自然豊かな大柳川渓谷での散策や
富士川町の郷土料理「みみ」について紹介し、
食と自然に触れながら、この地域の魅力を伝えていく。

もっと見る

寺ワーク、身延山の魅力(7月1日)

南巨摩郡身延町を巡る。
新型コロナウイルス感染症防止の影響で
テレワークを余儀なくされている方に向けた
寺ワークという新たな取り組みを始めた宿坊と
身延山の魅力を紹介する。

もっと見る

ヨゲンノトリで疫病退散!(6月24日)

江戸時代末期に疫病の流行を予言し、仰ぎ信心すれば難を逃れるとされた
ヨゲンノトリが、新型コロナウイルス感染症の拡大を機に注目されている。
県立博物館に展示されている当時の様子を記した「暴瀉病流行日記」や
先ごろ疫病退散の祈祷を行なった山梨市 瀧泉寺を紹介。

もっと見る

雇用調整助成金について(6月17日)

新型コロナウイルス感染症に伴う業績の悪化で、
従業員を休業させた企業に支給する「雇用調整助成金」について
お伝えします。

もっと見る

無尽でお助け めざせ!みんなで100億円キャンペーン(6月10日)

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている飲食店を
山梨特有の「無尽」の精神で応援するキャンペーンが行われています。
番組では「無尽でお助け めざせ!みんなで100億円キャンペーン」
についての利用方法などを紹介します。

もっと見る

甲府市中央4丁目 柳小路(4月1日)

昭和60年代には35店舗が軒を連ねていた甲府市中央4丁目の柳小路。
時代が変わり、不景気などの影響もあって店舗数も減っていたがここ数年
若い経営者の店が増え、SNS等ので注目を集め
昭和の頃を知らない若者達が全国から集まる人気スポットになっている
柳小路の魅力を紹介。

もっと見る