会社案内

第461回 番組審議会議事要録

開催日時
平成29年1月16日(月) 午後3時
開催場所
本社 会議室
委員の出席

委員の総数 8名
出席委員数 8名

【出席委員氏名】

  • 今井  久 委員長
  • 河西 八郎 副委員長
  • 荒井 秀一 委員
  • 井上 康明 委員
  • 長田由布紀 委員
  • 小松万知代 委員
  • 藤巻 宏和 委員
  • 八巻佐知子 委員

【放送事業者側出席者】

  • 金丸 康信 社長
  • 川村 文彦 専務取締役管理本部長
  • 原田由起彦 専務取締役営業本部長
  • 松田 俊幸 取締役放送本部長
  • 植松 裕二 報道制作局長
  • 平岡  豊 編成局長
  • 三塚  純 報道部専任部長
  • 番組審議会事務局

番組審議会

審議事項

(1)「ウッティ発!「熊本へ届け!この想い」

    放送日 2016年12月21日(水)20時00分~20時54分


(2)報告事項

審議、意見の概要

●内容のほとんどが中学生2人と、しらいさんに割かれていたが、実際は他に地元の小中学生や農家の人々、多くの人が携わっていただろうと思うので、多面的な見せ方があっても良かった。

●山梨の人たちがどういう支援活動を行ったのか、発生当時は様々なメディアが支援活動を取り上げたが、半年以上たって、その効果がどれほどあったのかを整理する意味で、非常に興味深い感じを受けた。

●非常に丁寧に、中学生の桃の配布に焦点を絞って構成されていて、番組の中で2人が成長していく様子が見られた。それぞれの事柄を語る人々の言葉に説得力と実感があった。

●中学生の思いをじっくり聞きたかった。この活動で、彼女たちの環境に何か変化が起こったのか、起こったとしたら、それを彼女たちがどんなふうに感じているのか、それが描かれていると、2人の中学生の成長の物語として、もっと感動的だったのではないか。

●被災者と一緒に「ふるさと」を合唱したシーンについては、コミュニケーションとして適切か否か、かなり難しいところだと思う。

●シンガーソングライターの出過ぎ感があった。中学生と言いながら、要所要所でコメントしたり、露出したり、歌を歌ったりとどこがメインなのか、ぼやける。

●桃を届ける前のストーリーについて、もっと、どういった過程で中学生2人がいて、そこに携わってきた人たちがこれだけいてその想いを届けたんだ、という部分が一番見えなかった。

●コンテンツ1つ1つは良いが、欲張りすぎて、1時間の中で方向性がブレて、バラバラになってしまっていた。もったいなかった。

以上