会社案内

第458回 番組審議会議事要録

開催日時
平成28年9月12日(月) 午後3時
開催場所
本社 会議室
委員の出席

委員の総数 8名
出席委員数 8名

【出席委員氏名】

  • 今井  久 委員長
  • 河西 八郎 副委員長
  • 荒井 秀一 委員
  • 井上 康明 委員
  • 長田由布紀 委員
  • 小松万知代 委員
  • 藤巻 宏和 委員
  • 八巻佐知子 委員

【放送事業者側出席者】

  • 川村 文彦 専務取締役管理本部長
  • 原田由起彦 専務取締役営業本部長
  • 松田 俊幸 取締役放送本部長
  • 植松 裕二 報道制作局長
  • 平岡  豊 編成局長
  • 前橋 誠也 報道部副部長
  • 番組審議会事務局

番組審議会

審議事項

(1)「UTYニュースの星」
       終戦特集『71年目の証言』
    放送日 2016年8月10日(水)~8月15日(月)

(2)報告事項

審議、意見の概要

●オリンピックで戦争を扱った番組が減る中で、見応えのある番組だった。

●見せ方のバリエーションが大切な要素。若い世代にアプローチするなど、色々なやり方があると放映の効果が高まると思う。

●地元に向けてしっかりやるのが大事。データで見ていくと、どれだけの被害があったのかが、理解しやすいのではないか。

●戦争を二度と起こさないように考えていかなければならない、という事を伝えていくことをどこでやっていくのか、具体的にあれば良かった。

●この先の未来に向けて、というテーマがあれば、さらに良い構成になったのではないか。

●横浜の工場で何を作っているのか、わからなかった、ということについて、「では何を作っていたのか」を報道してもらえたら「体験」と「歴史」を両方知ることができたのではないか。教育もそうで、「どんな教育だったか、教科書にはこうあった」などの問題提起があると良かった。

●詳細がわかっていなくて、消し去られたい歴史の中で、解明して記録を残すこともメディアとしてやってほしいところ。続きが見てみたいと思った。

●短時間だが、淡々と述べる証言に、勝者、敗者、加害者、被害者を乗り越えて、考えさせられる内容だった。

●「回天」と「原爆」を証言した男性については、この2つの史実に直面した人をよく見つけたと思う。海の特攻はあまり取り上げられないのでよかったのではないか。

●一人の女性の証言で、日本の戦況の変化を知ることができた。

●貴重な言葉がまとめられていた。丁寧に構成、取材されていて、すばらしい内容だった。これだけの話しをよく引き出したと思う。再編してデータをつけたらとても見応えのあるものになる。


以上