会社案内

第457回 番組審議会議事要録

開催日時
平成28年7月25日(月) 午後5時
開催場所
常磐ホテル 会議室
委員の出席

委員の総数 8名
出席委員数 7名

【出席委員氏名】

  • 今井  久 委員長
  • 河西 八郎 副委員長
  • 荒井 秀一 委員
  • 井上 康明 委員
  • 長田由布紀 委員
  • 小松万知代 委員
  • 八巻佐知子 委員

【欠席委員氏名】

  • 藤巻 宏和 委員

【放送事業者側出席者】

  • 金丸 康信 社長
  • 川村 文彦 専務取締役管理本部長
  • 原田由起彦 専務取締役営業本部長
  • 松田 俊幸 取締役放送本部長
  • 植松 裕二 報道制作局長
  • 平岡  豊 編成局長
  • 番組審議会事務局

番組審議会

審議事項

(1)「TBSの番組について」

(2)報告事項

審議、意見の概要

●昔に比べ元気がない印象を受ける。その中で、「サンデーモーニング」は健闘している。張本の「あっぱれ」も面白い。

●日曜劇場も良質なドラマを放送している。看板番組をさらに増やしていけばよい。

●「Nスタ」の竹内キャスターは、とても硬派な印象を受ける。ニュースを理解してコメントを述べるのがとても良い。
イギリスのEU離脱の日は、ニュースを掘り下げていて、深く伝える姿勢が伝わってきた。

●放送局の安定感がある。極端な偏重がない。言い換えると信頼感があり、これは重要なことだと思う。

●4月~6月のドラマは「99.9」が良かった。
「結婚できないんじゃなくてしないんです」は、晩婚化をリアルに描いていた。問題提起もしていて、評価できる。

●バラエティーは、お笑い芸人をひな壇に並べるのが多いが、他局との差別化を図ってもらいたい。

●インターネットは、選択した情報しか得られないが、選択してくれた情報を見られるのがテレビの良いところ。

●ドラマの「99.9」は良い作りだった。本来は無い手続きとリアルをうまく構成していた。インスタグラムとの連携も良くできていた。

●「音楽の日」については、長時間化も良いが演歌1時間とか、ロック1時間とか、もっと純粋に音楽を楽しむ番組ができないかと思った。


以上