会社案内

第428回 番組審議会議事要録

開催日時
平成25年9月17日(火) 午後2時00分~
開催場所
テレビ山梨本社会議室
委員の出席

委員の総数 8名
出席委員数 7名

【出席委員氏名】

  • 三神 弘  委員長
  • 堀内 邦満 副委員長
  • 川口 和子 委員
  • 七沢 久子 委員
  • 小河原正夫 委員
  • 高畑 基宏 委員
  • 西川 一徳 委員

【欠席委員氏名】

  • 石山ゐづ美 委員

【放送事業者側出席者】

  • 宮坂美千博 取締役編成局長
  • 植松 裕二 報道制作局長
  • 岩崎  亮 制作部ディレクター
  • 番組審議会事務局

番組審議会

審議事項

UTYスペシャル『山梨を知りたい!<火>クローズアップ富士山』
放送日 平成25年8月26日(月)18:55~19:55
(2)その他

審議、意見の概要

○ 「大松明・世話人・富士講・御師の家」の4つのテーマに分けて、火祭りを解説したことは、歴史も含めて広がりのある番組にできたのではないかと思う。

○ 世界遺産登録の祝賀ムードに流されているが、この遺産を守り続けていくことが大きな課題ではないか。私たちが考えていかなければならない問題はたくさんあると、今回の番組で初めて知ったり、あらためて知ることができ、考えさせられた良い番組だった。

○ 世界文化遺産登録の富士山は大自然だけではなく、そこに息づく文化の伝承も、郷土の人々が富士山を大切に思う気持ちと一つになって表現されたものだと思った。弾丸登山、入山料、廃棄物の問題など、様々な問題提起もあり、内容の濃い1時間番組だった。

○ 最後の「富士山そのものに注目するだけではなく、地域の人々などが作ってきた文化に着目する必要がある」というアナウンサーコメントは、この番組の狙いを一言で表現しており、説得力があった。

○ 生中継ならではの映像は迫力や臨場感が伝わり、世界文化遺産ということが良く分かった。富士山が我々の生活に密着していて、自然、文化、信仰というものが富士山を通して融合しているということが分かる番組だった。