ゆうちゃんブログブログ

​#40 赤沢森林鉄道トロッコ列車&妻籠宿巡り

'17年08月29日

無題

とうとうバスツアーも今回で40回目。そんな記念すべき(勝手に)バスツアーは、長野県に行ってきました。ちょうど夏休みの最後の日曜日ということで、親子連れが多かったですよ~

まずは、最初に訪ねたのが、開田高原にある木曽馬の里。木曽馬とは、長野県木曽地域を中心に育てられた日本在来種の馬で戦国時代では、武士の馬として利用されていたそうです。

一時は絶滅寸前にまで頭数が減りましたが、保存会の尽力によって現在は200頭にまで増えたそうです。そんな希少な木曽馬に乗ってきました。

私・・・体重110㌔以上もあるので、無理かと思ったんですが、木曽馬は、足が短く丈夫な馬なのが特徴で、問題なく乗馬体験することが出来ました。お相撲さんも乗馬体験できるほど足腰が丈夫なんですよ。皆さんもいかがですか?

続いてツアー客を乗せたバスは、山間部の山奥へ・・・そこには、なんとトロッコ列車がありました。

これは赤沢森林鉄道は、大正時代から昭和50年代にかけて、伐採した森林を運搬するために利用していたものです。トラック輸送の普及で衰退し廃止になりましたが、観光PRのため1部復活しました。

時速8kmなので景色をゆっくり楽しみながらトロッコ列車を楽しみました。ここは、日本三大美林の1つで、樹齢300年を越える木曽ヒノキが並び、森林浴発祥の地とも言われています。そしてこの木曽ヒノキは、伊勢神宮のご神木として使われているんだそうです。

そして最後に訪ねたのは、中山道の宿場町として知られる宿場町。以前のバスツアーでも訪ねましたが、タイムスリップしたような街並みは、今回も変わらずに残っていました。

これから秋にピッタリ!五平餅や栗きんとんなどを食べてきましたよ。

今回のバスツアーはタビックスジャパンが企画.ご覧の日程で出発する予定です。