ゆうちゃんブログブログ

​#49 1泊2日で熊野三山を巡るバスツアー

'18年05月01日

無題


皆さん!和歌山県に行ったことありますか?

片道500kmで6時間以上かかる場所なんですが、そこには神様と仏様が融合した熊野三山という霊場が存在するんです。

熊野三山は、和歌山県内にある熊野速玉大社・熊野那智大社・熊野本宮大社の3社を指していてそれますが、今回訪ねたのは、速玉と那智です。

両社とも朱色に輝く建物が印象的でした。

2004年にユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産として登録された場所です。

そして熊野三山を結ぶ道は、熊野古道と言われていて全長なんと600km以上!

今回のツアーではその中でも特に美しいと言われる大門坂を歩いていきました。

大門坂沿いには、杉や檜や楠など樹齢を重ねた巨木がたくさんあり、歩くだけでパワーを頂ける場所です。

大門坂の途中から、熊野詣の最終目的地となる那智の滝も見えましたよ。ツアーでは、那智の滝にも行きますが、その落差133mは日本一!垂直に流れ落ちる様は圧巻です!

那智の滝は、様々なポイントから楽しめますが、特にオススメは青岸渡寺の境内から見える三重塔と那智の滝です。

そして泊まりのツアーで気になるのがやはり宿泊先!

今回お邪魔したのは、和歌山県那智勝浦町にあるホテル浦島です。

東京ドーム4,5個分の広さで吉野熊野国立公園内にある温泉リゾートホテル!

全長154m、高低差日本一のエスカレーターがあったり、ホテルの屋上からは、太平洋と熊野の山々を拝む絶景!

そして1番の注目は、洞窟露天風呂!その名も忘帰洞(ぼうきどう)

紀州藩の徳川頼倫公が訪ねた際「帰るのを忘れてしまうほど心地よい」と絶賛したことから名付けられました!洞窟内に温泉があるのは神秘的でした。太平洋も一望できますよ

そして宿泊した和歌山県の勝浦漁港は生鮮マグロ水揚げ日本一の港とあって

ホテルでは毎日マグロの解体ショーを実施!


脂が乗っていてとても美味しかったです。特にマグロの中落ちは絶品ですよ!!

ほんの一部分しか紹介していませんが、和歌山県まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?ツアーは、タビックスジャパンが企画しています。