それいけ!アオパンDiaryブログ

幸せな毎日(*^^*)

'17年03月12日

無題

1日早いのですが、

まさかのまさか;_;

ウッティタウン6丁目の生放送中に

サプライズで誕生日を祝ってくださった

ケーキ屋チロルのご主人、そして6丁目のスタッフの皆さん。



本当に本当に、

ありがとうございます;_;

リハーサルでは全くそんな気配もなく

普通に進行していたので、

本番でびっくりしすぎて

全く気の利いたことが言えず。笑

失礼しました>_<。

こんなに素敵なことをしていただき、

とても幸せです。


3/11(土)

誕生日当日、母親から手紙が届きました。

メッセージとともに1枚の写真。

私が産まれてまだ6ヶ月の頃、

亡くなった祖父に抱っこされ

私の右手を

祖母が両手で包んでくれている写真。

みんな、

とても幸せなそうな顔をしていました。

何をもって

幸せというか分からないけれど、

きっと何気なく過ごしている毎日が

幸せで溢れているんだと思います。

当たり前のことが当たり前に出来たり、

大切な人と笑いあえたり、

最近は春の香りをたくさん感じたり、

夜、空を見上げれば

無限の可能性を感じる月や星が

輝いていて、

全てのことに意味があって存在していて、

ひとつも無駄なものなんて

無いんだなと感じます。


東日本大震災が起こってから

6年がたちます。

人それぞれの人生があり、

思い出があって

過ごした時間があって

それが一瞬でなくなることの

残酷さは

計り知れません。

今でも行方不明者が大勢いて、

大切な人を

ずっと探し続けている人がいます。

その間寂しくて胸が張り裂けそうで

辛いことばかり、かと思いきや

探す中で繋がった

人と人との出会いもあるそうです。


もう2度と会えない大切な人を思う気持ち

探しているその行動から生まれた

人との繋がり。

自分の身は自分で守る、

でも支えあえるのはやっぱり

人間同士なんだなと感じます。


私たちにできることは、

とにかく震災を忘れないこと。

今そばにいる人を

心から大切にすること。


わたしはアナウンサーという仕事が

できる幸せをかみしめて、

25歳も突き進んでいこうと思います。

優しさ、思いやりというのは

直接人と触れ合わなくても

できることだと感じます。

小さいお子さんから

年配の方まで見ているテレビ。

1度で情報が理解できて温もりが

伝わる放送こそが、

分かりやすく、そして親切な放送だと

感じます。

そのためにはニュースもナレーションも

伝え方の間、ひとつにしても

いろんな技術を磨いていきたいです。

25歳、より視野を広げるため

新しいことにチャレンジしたい!!

積極的に、そして感謝を忘れず

日々過ごしていきたいと思います。


これからも6丁目、

そしてUTYをよろしくお願い致します(*^^*)



みんなで美味しくいただきました(^^)♪笑